高齢の親の見守り方法は? 見守りサービスのメリットとデメリット

高齢の親の見守り方法は? 見守りサービスのメリットとデメリット

スポンサードリンク

高齢の親の見守り方法は、色々な方法があり、それぞれメリット、デメリットがあります。

見守りサービスの内容も多岐にわたり、企業、自治体によるものも多く、高齢化社会に向かい、選択肢も豊富になっています。

選択肢が豊富な分、結局、どのサービスを選べばいいのかわからない・・・。
という悩みをお持ちのご家族もいらっしゃるでしょう。

高齢者の見守り・安否確認サービスについて、タイプ別にまとめ、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

Contents

センサー式の見守りによる安否確認サービスのメリット・デメリット

センサー式の見守りによる安否確認サービスは、利用者である高齢者の親の方の家に見守りセンサーを取り付けることで、見守り・安否確認を行うサービスをいいます。

センサーによる見守りなので、見守られる親の生活リズムを崩すことがありません
24時間365日、高齢の親、両親の生活を見守ることが可能です。

最近は、センサーによる検知レポートがパソコンやスマートフォンに送信されるサービスも多く、見守る側の家族が、親の生活パターンを把握できるようなサービスの提供も増えています。

大手警備会社のセコムやアルソック、各電力会社やガス会社などが多く提供しているサービスです。

センサー式見守りのメリット

  • 24時間365日見守り
  • カメラによる見守りではないのでプライバシー配慮
  • 月額料金が比較的安い
  • センサーによる見守りのメリットはなんと言っても24時間365日休まず見守ることができること。
    そのため、何かあっても、安心です。
    平常時も緊急時もどちらも対応できるのです。

    そして、カメラによる見守りではないので、プライバシーも配慮されていること。
    親の気持ちとして、「カメラは見張られているみたいで・・・」という方も多いのです。
    その点、センサーでの見守りなので見守られている親の方もプライバシーの配慮がなされているので、拒否する方も少ないのです。

    さらに、月額料金も他の見守りサービスと比較して安く設定されていることも人気の見守りサービスである理由の1つです。

    導入するセンサーには火災検知センサーや転倒センサーなどで、利用者の生活に応じた見守りをすることが可能です。

    センサー式見守りのデメリット

    月額料金は安いものの、センサーの設置費用や機器の購入費用がかかるという点。

    またセンサーが察知できない部分を何でカバーするのか、が課題となります。
    例えば、顔色が急に悪くなっている、呂律が回っていない、などの不調に関しての対応能力はセンサー式にはありません。

    オートメール、オート電話による見守りサービス

    オートメール、オート電話による見守りサービスは、自動配信のメールや電話が決められた時間にかかってくるもの。
    返答をすることで安否確認を行うものです。

    NTTドコモ クマのぬいぐるみ型ロボット ここくまなどが代表的です。

    見守りサービスの内容は非常にシンプル。
    安否確認サービスにおける初期的なサービスな位置づけ、と言ってもよいでしょう。

    オートメール、オート電話による見守りサービスのメリット

    オートメール、オート電話による見守りのメリットは、以下のとおりです。

  • 見守りサービスの中でも月額数百円からできるため、非常に安価
  • 安否確認以外にも日替わりでメッセージや時事ニュースなどを配信しているサービスの提供事業者もある
  • オートメール、オート電話による見守りサービスのデメリット

    では、オートメール、オート電話による見守りサービスのデメリットはどんなことでしょうか。

  • 返信が行われることで安否確認が成立するため、身の回りにトラブルが起きていても把握できないことがある
  • 決められた時間に連絡が来る、ということが基本なので、突発的なトラブルや緊急対応能力はない
  • 関連リンク手軽にできる離れて暮らす親に【カメラを使わない】安否確認・見守りグッズ・サービス

    コールセンターと連携する形式の安否確認サービスのメリットとデメリット

    コールセンターと連携する安否確認サービスは、決められた時間に担当オペレーターが利用者である高齢の親の連絡先に電話をする。
    またはあらかじめ、高齢の親(両親)に連絡装置を渡しておいて緊急時には連絡装置を通してオペレーターとやり取りをするという形式の安否確認サービスです。

    大手警備会社アルソックやセコムなどが提供している見守りサービスの1つでもあります。
    連絡方法やコールセンターとの連携の仕組みによって、サービスの差異が大きなものとなります。
    契約時にはしっかりと仕組みについて確認しておくことが大切です。

    コールセンターと連携する見守りサービスのメリット

    コールセンターと連携する安否確認、見守りサービスのメリットは以下のようになります。

  • オペレーターが状況確認を行い対応をするので、きめ細やかな対応がなされる
  • 警察や消防、民間の緊急対応を行っているサービスもあり、緊急時・非常時の駆け付け対応としても優秀
  • 他者とのコミュニケーション不足となっている高齢者にとっては、会話ができること自体、大きなメリット
  • コールセンターと連携する見守りサービスのデメリット

    コールセンターと連携する安否確認、見守りサービスにおいてのデメリットは以下のようなことが考えられます。

  • オペ―レーターの質や経験によってサービスの品質が大きく左右される
  • コールセンターに連絡をする余裕などないような非常事態では、その効果は発揮できない
  • 定期訪問型の見守り、安否確認サービスのメリット、デメリット

    定期訪問型の見守り安否確認は、専任スタッフによって定期的な訪問や巡回をしてくれるサービスです。
    郵便局やヤマト運輸などが開始しているサービスでもあります。

    直接、利用者でもある高齢の親、両親の家に訪問してくれることで、自宅の状態、周辺環境はもちろん、親本人の体調など包括的な見守りを行うことができるサービスです。

    定期訪問型見守り、安否確認サービスのメリット

    定期訪問による見守りや安否確認のメリットは、専任スタッフの直接訪問そのものです。

  • 専任スタッフが利用者となる高齢の親、両親の家に直接訪問することできめ細かな見守りができる
  • スタッフと直接会って話すことで、高齢者となる親にとってさみしさの解消となる
  • 親の健康、自宅の様子、環境の様子がわかり、会いに行けない期間でも家族側の安心も大きい
  • 定期訪問型見守り、安否確認サービスのデメリット

    定期訪問型の見守りは安否確認サービスは高齢者にとってもありがたいサービスですが、デメリットはどんなことがあるのでしょうか。

  • 利用料金が高いことが多い
  • 訪問回数が限られているため、常日頃の見守りや緊急時の迅速な対応は期待はできない
  • スマートフォン、携帯電話を利用した安否確認サービスのメリット、デメリット

    スマートフォンや携帯電話などの普及によって、安否確認サービスも大きく進歩しています。
    見守りアプリなどが代表的なサービスです。

    関連リンク見守りアプリ 離れて暮らしていてもアプリで安否確認できるサービス

    スマートフォンや携帯電話を利用した安否確認サービスのメリット

    見守られる親にスマートフォンなどをもってもらって、見守る側の携帯電話やスマートフォンに専用のアプリなどを追加することで行われる簡易的なサービス。
    月額料金が安いことや手軽に使えるので、利用者も増加しています。
    が、緊急時の対応は見守る側の対応力によるため、注意は必要となります。

  • 非常に低価格。
  • 見守る側の携帯機器に直接、連絡となるので、個々の環境に適した対応ができます
  • スマートフォンや携帯電話を利用した安否確認サービスのデメリット

    スマートフォンや携帯電話を利用した安否確認の場合に考えられるデメリットは以下のようになります。

  • 見守る側の対応が必要となるので、仕事や家事などで多忙な場合には対応が遅れたり、できないこともある
  • 当然ながら、携帯・スマートフォンの電源が切れていれば利用できません
  • 宅配サービスとの連携型安否確認、見守りサービスのメリットとデメリット

    郵便物や食事、通販商品の配達など宅配時に安否確認や見守りを行うサービスです。
    宅配業者が持っている全国ネットワークを駆使して行われる見守りサービスで、現在、ヤマト運輸などが提供しています。
    今後の発展も大きく期待できるサービスです。

    宅配サービスとの連携型 安否確認、見守りサービスのメリット

    宅配サービスと連携している安否確認や見守りサービスのメリットは多く、以下のようなことがあげられます。

  • 安否確認のみの訪問や巡回サービスと比較し安価なことが多い
  • 配達員が直接会うことで安否確認がされるので、異変などにも気が付きやすい
  • 関連リンク高齢になる親が一人暮らし 食事が心配なら宅食・宅配サービスが便利!

    宅配サービスとの連携型 安否確認、見守りサービスのデメリット

    宅配サービスとの連携型 安否確認、見守りサービスのデメリットは以下のようなことが考えられます。

  • 宅配作業のオプションサービスなので、安否確認だけという申し込みができない
  • 宅配事業の付随サービスなので、対応能力については、まだまだ発展途上
  • 簡易的な見守りサービスは緊急時の対応ができない

    いろいろな見守りサービスのメリット・デメリットをご紹介してきました。

    見守りサービスの利用を考えた時に一番重要な点は
    「いざというときに対応できるかどうか」
    ではないでしょうか。

    その試験的なもの、初歩的なものとして利用できるサービスもたくさんあります。

    技術の進歩に合わせていろいろなサービスが提供されています。

    「両親が高齢となって、なんだか電話だけでは様子がよくわからなくて心配」
    「なかなか、実家に寄ることもできず、一人で暮らす親に何かあった時どうすればいいのだろうか」

    といった場合においては、やはり大手警備会社が提供している見守りサービスの検討をおすすめします。

    大手警備会社が提供する見守りサービスのメリット

    大手警備会社が提供する安否確認、見守りサービスのメリットは多く、以下のようなことがとりあげられます。

  • 大手だけにサービスの内容が豊富である
  • 何かあった時、いざというときに駆け付ける拠点数が多い
  • プロのサービスなので、さまざまなシチュエーションに対応できる
  • これらのサービスは大手警備会社ならでは、です。
    皆さんのサービス選びの参考としてご利用くださいませ。

    見守りサービスの価格を比較したい。相場を知りたいという方はこちらの記事へ

    1人暮らしの親を見守る高齢者見守りサービス比較

    スポンサードリンク